週末は、キブツ八ヶ岳「子供田んぼ」。

キブツ八ヶ岳には、たくさんの子供たちがいます。 少しでも子供たちに ・食べ物を自給することの大切さ・命の循環・自然と触れ合う生活・共同作業の楽しみ などを体験してもらえたらと思い、子供たちが主役となる田んぼを1枚用意しました。 「田植えって何?」「お米ってどうやってできるの?」 の小さなお子ちゃまから、小学生まで、大勢の子供が集って大人と一緒に田植えをしました。 一丁前に大人顔負けで田植えを頑張る子供もいれば、もはや泥遊び、泥温泉?の子供もいたり、みんながみんな、決められた通り、決められたことをやるわけではありませんが、どれもこれも“すべて良し”が子供田んぼのルール。 上手にできなくても、まずは土に触れ、泥にまみれ、自然と一体化することから。 コミュニティにとって、子供は最大の財産。 村の子供は、みんなの子供であり、こういった農作業を通しながら、みんなで子育て、教育も手がけていけたらと思っています。

PAGE TOP